広島の学習塾なら個別指導の明光義塾。中学受験・高校受験・大学受験

お知らせ

TOP > お知らせ

夏期講習に向けて!

2017年6月1日(戸坂教室)

皆さんこんにちは!教室長の田辺です。

 

だんだんと暑くなってきましたね…大人にとってはいやな季節ですが、子供たちにとっては待ちに待った季節かもしれませんね。

そうです!待ちに待った夏休みがやってきます!

 

そんな中どこの塾に通っている子も夏期講習がスタートします。

いつもよりたくさん塾に行かないといけない…面倒だなー

などあると思いますが、

学生にとって夏休みはとてもとても大切な勉強の時間です。

なんといっても一日の大半を占めていた学校がないのですから!

不安なところ、苦手なところ、まったくわからないところの復習をするには

この長い時間を利用するのが一番です。

 

私たちも授業で教えるとき、特に英語、数学は、基本の計算や、単語、文法が

わからないという子には、まずその基礎の部分から説明してから、学校の内容

の説明をするようになります。そうすると90分の授業はあっという間に終わっ

てしまいます。もっと練習させたかった!もっと教えてあげるところがあった

のに!と少し残ってもらう時もありますが、それでも時間が足りません

 

学年が上がれば上がるほど、関連する学習が増えていきます。

そうなると、学校のテストで点数を!と目標を持っても、その前からまずは

となるのでなかなかです。最近はどの問題もただ暗記すればできるものは減っ

ているからです。

 

生徒に目標を達成してもらうためには勉強をさせてあげるしかありません。

教えて、練習してもらって、それでもだめだったらまた教えて。

その中で、どうやってやれば自分で学習することができるのかを身に着けてもらう、そんな夏期講習にできればと思います。

 

line

祇園東中、牛田中のテストが迫る!

2017年5月30日(戸坂教室)

皆さんこんにちは!教室長の田辺です。

 

戸坂中学校のテストが今日終わりました。

教室に寄って成果を話してくれた子もいました。

 

教室では 授業でとっている教科以外も、テスト前になったら勉強をします。

宿題に出して、やる範囲やペースを決めてあげる子や、そもそも授業でとらないと出来ない子など様々ですが、1か月少し前から勉強をスタートして、今日成果を感じたようでよかったです。

 

大人になると自分だけで1から勉強するのは結構難しいと思います。

だれか、宿題やペースを管理してくれればできるんですよね。

塾に通える学生の今だからこそ、しっかり塾を活用してほしいです。

中学生までには、勉強のペースの決め方、テスト勉強のスタートの日の決め方をマスターしてもらって、高校生でそれを存分に発揮してもらえるような生徒に育てていくのが私たちの目標の一つです。

まだまだテストとの戦いは続きます!

頑張りましょう!

line

戸坂中テストスタート

2017年5月29日(戸坂教室)

皆さんこんにちは!教室長の田辺です。

 

いよいよ戸坂中学校のテストが始まりましたね!

中1にとっては初めてのテストでした。

 

初めてのテストで気を付けないといけないことは

時間配分です。

 

数学をはじめ、学校の提出物には載っていない問題が出てきます。

むずかしい、とそれにばかり時間を使ってしまい、時間が足りず最後まで行け

なかったというのをよく聞きます。

とにかく、少し考えてもわからないものは飛ばして、テスト10~15分前には一通りを解き終わり、わからないものを解きなおしたり、見直しをしたりする時間を作ることが必要です。

時間が間に合わなかったと、入試でもいう子はいます。

しかし時間も、問題数もおおよそ決まっているのが入試です。

同じ条件の中でいかに解けるかが勝負の分かれ目です。

時間が決まっているのならば、その時間内で解けるように練習するのもテスト

勉強です!

 

まだ明日のテストもあります!

見直しまでできていないよ!という子は、ぜひ、明日はまずいそいそ解いて、じっくり見直す時間を作ってください!

頑張りましょう!

line

テスト期間突入

2017年5月16日(戸坂教室)

皆さんこんにちは!教室長の田辺です。

戸坂中、祇園東中、私立中はテスト範囲がでていよいよ前期中間テスト期間に突入ですね!高校生は今週もうテストのところもあります。牛田中学校は来週でますね!

よく質問されるのが、社会と理科の勉強の仕方がわからないというものです。おそらく範囲が広すぎて果てしない、、と感じている子が言っているのかなと思っています。みんなどうやっているのだろう、と

とにかく提出物を完璧に覚えることです。

覚えられないという子は覚えるまで繰り返すことです。

その時間を作るには効率的に課題を済ませることです。

調べてやるのが一番記憶には残りやすいかもしれません。

でもその作業にすごく時間がかかってしまう子は、やめておいた方がいいです

日ごろから、習ったところの問題はしておく、などしていればいいのですが、大体の子は範囲が出てからスタートです。

サクサク進まないのであれば、まず何も見ずにやって、わからないところは答え合わせの時に答えを書いてひとまず提出物を終わらせます。

そのあとに、覚える時間を何時間もとった方が、確実に暗記をすることができます。答えを隠して、できれば答えを裏紙でも汚くてもいいので書いて、覚えましょう。

ただその時に、順番やなんとなくで覚えてはいけません。

必ず毎回問題文を読んで、その言葉が何を意味するのかも一緒に理解しましょう。テストで同じように聞かれるとは限りませんし、記述で用語の意味を問われたときに太刀打ちできません。

その場しのぎにならないかな…と思うかもしれませんが何日も答えを埋めるために費やして得た記憶より、何時間も覚えるまでやって得た記憶の方が長く記憶に残ります

。受験勉強をスタートしたときは忘れているかもしれませんが、きっとこんなのあった!となります

ぜひ、今回の試験、提出物の問題は完璧!と言えるように準備をしましょう!

 

line

公立高校受験の社会

2017年4月25日(戸坂教室)

皆さんこんにちは!教室長の田辺です!

 

今日は公立高校受験の社会についてお話をさせていただきます!

 

社会はこの4年間で一番変わった教科です。

一昔前であれば暗記をしておけば、何とかなる!という受験生にとって最後の追い込みをする教科とされていたのですが、今は全く違います。

 

最初はいつもより記述が多いな…というくらいでしたが、年々増えていき、今年の問題では21問中17問が記述問題でした。

平均点も、常に30点近くあったものが年々下がり去年には21点にまで下がりました。上位校の子であれば点数の差はまだでるかもしれませんが、中堅やそれより下の学校を受ける子になるとほとんど点差が出ないので、1問1問を解けることが非常に大きな差になります。

対策としては、まず大前提に早めに用語の暗記を済ますことです。そのうえで、いろいろな記述問題に挑戦することです。地理の記述問題であれば背景にある事を知らないとそもそも問題が解けないので、そういった基礎知識をつけないといけません。そして、知識を使う練習をしていかないといけません。数学のように決まった公式があるわけではないので、どんな聞かれ方をしても、知っていることと照らし合わせて答えをかけないと点数は取れません。

中3生は今の時期から宿題で社会、理科の用語の復習をしていきます。

そして夏休みには、1、2年生の範囲の基本的な応用問題と、難しい問題を解く練習をスタートします。

部活が終わって…では間に合いません。志望校合格に差があるのであれば早くからスタートしないといけないのです!

今からスタートです!

 

line

教室のご案内

営業時間 月~金:13:00~21:00 | 土曜:12:00~20:00 | 日曜:お休み

中区役所前教室
0120-939-906
広島市中区大手町3-8-4-2F
詳細
ブログ
白島Qガーデン前教室
0120-967-104
広島市中区東白島町19-81-1F
詳細
ブログ
横川駅前教室
0120-967-661
広島市西区横川町3-3-6-2F
詳細
ブログ
段原中央教室
0120-939-861
広島市南区段原南1-1-12ヒジヤマタナカビル203
詳細
ブログ
仁保教室
0120-939-056
広島市南区仁保新町1-9-11
詳細
ブログ
戸坂教室
0120-967-619
広島市東区戸坂山崎町1-6-1F
詳細
ブログ
温品教室
0120-305-119
広島市東区温品5-2-19岩本ビル201
詳細
ブログ
安芸府中教室
0120-086-201
安芸郡府中町浜田本町10-1陰山ビル202
詳細
ブログ
安芸区教室
0120-086-201
広島市安芸区中野5-15-1第一川本ビル101
詳細
ブログ

このページの上部へ

  • 資料請求をご希望の方
  • 体験授業をお申し込みの方
  • 個別相談のお申し込みはこちら
  • 入会のお申込みはこちら